2005年11月14日

ケンタッキーフライドチキン

ボクは、つり好きの父親を持ったためか、肉よりは魚な人間です。
そんなボクですが、半年に一度、どーしても体が肉を求めたどり着く場所があるのです。

鶏肉の聖地、ケンタッキーフライドチキン!

とある事情で夕食は外で済ませることになりました。
新宿にはいろんなお店があるんだけど、ひとりでぶらっと入るなら、
ファーストフードにすっか、金ねえし。
となる。

フラフラしてると、カーネル・サンダース翁の不敵な笑みが・・・。
あ・・・、そろそろ時期か・・・。

そんな訳で店内へ入って注文。
ケンタッキーでハンバーガーは邪道である。
(ついでに言うと「栄養のバランス」とか「コレステロール」とかも論外である)
当然、フライドチキンのセット。
「特盛セット」という牛丼じゃねえかってネーミングのセットを注文。
この特盛セット、チキンが3つとポテトがついてるけど、
なんと飲み物は含まれていない。
「100円でドリンクをつけることもできます」
といわれて、お得感のかけらもなく注文。

席に着き、まずはトイレに行って手を清める。(普通に洗う)
そして、ひとつめを食す。
美味である。
ジューシーな鶏肉の味わいが口いっぱいに広がる。
この時、カーネル・サンダースの微笑みは神のごとき輝きを放つ。

ふたつめ。
ひとつめの勢いを保ちつつも、そろそろ体に異変が・・・。
ポテトで口の中を中和しつつも、鶏肉の油がしつこく感じられるようになる。

コーラを飲み、一息ついて、最終章。
ここまで来る頃には、もはや苦行である。
カーネル・サンダースの微笑みも「せせら笑い」にしか思えない。
手はベトベト、口もベトベト。
だったら残せばいいじゃねえか、と思うがプライドというか何と言うか・・・。
食べ終わる頃、達成感というより疲労感。
トレイには食べ終わった残骸が物悲しく転がっている。

ボクは激しい後悔と胸焼けを抱えて店を出る。

時は流れ、忘れた頃に、ムズムズと体が肉を求め、気づくと白髪のおじさんが・・・。

そんなことを約6ヶ月周期のリズムで繰り返すのである。


posted by umetomo at 23:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ケンタッキーは捨てちゃ変?
Excerpt:  この季節、クリスマスといえばケンタッキーを連想する人は少なくないはず、 好き嫌いは別として。私も(ブロイラーかどうかは知らないが)、アノあぶらギ トギト、肉ベタベタな辺り、好きではない。が、ごくた..
Weblog: 世界は変だ
Tracked: 2007-02-03 13:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。